出会い…天の川♡

こんにちは…スイトピーです(^_^)

今日は七夕☆彡

「七夕」は「たなばた」「しちせき」とも読まれ、古くから行われている日本のお祭り行事だそうです。

その昔、日本の禊(みそぎ)の行事として「乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれを祓う」というものでした。選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神様のために心をこめて着物を織ります。そのときに使われたのが「棚機」という織り機です。

時とともに、この行事はお盆を迎える準備として「7月7日の夜」に行われるようになり、現在〝七夕〟という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われているそうです。

笹は生命力が高く邪気を祓ってくれる植物という認識が高く、天に向ってまっすぐ伸びる笹には短冊に書かれた願い事を空に届けてくれるという効果があると考えられてうたそうです。

〝七夕の雨〟二人は会える?会えない?

七夕の夜、少しでも雨が降ると二人は会えないと言うところもあれば、雨でも二人は会える。雨はおりひめの嬉し涙で、雨の水によってけがれが洗われると伝わるところもあるようです。

いっぽう、二人が会えば病がはやるとして、会わないように雨を願うところもあったそうです。

台風の影響もあり天気は良くありませんが、夜は晴れて二人が会えるといいですね♡

そして、みんなの願い事が天に届くといいですねぇ〜☆:.。. o(≧▽≦)o .。.:

クリニックも笹に飾り付けをしてかざりましたよぉ〜^_−☆

みんなが笑顔でいられますようにぃ〜(((o(゚▽゚)o)))

image

image

image