はじまりま~す☆

~フットチェックについてのお知らせ~

 

当院では足の病気を早期に発見して対処するために、足の状態を調べる『フットチェック』を定期的に透析中に行っていく予定です。

皆様にはフットチェックの必要性を理解していただき、実施の際はご協力をよろしくお願いします。

 

フットチェックの必要性について

透析患者においては、さまざまな原因で動脈硬化が進行し足の循環が悪くなることがあります。このため、足の病気をおこしやすくなります。

靴擦れや深爪などの小さな傷から、取り返しがつかないほどの大きな傷になってしまうこともあります。足の病気は思わぬ早さで悪化することもあります。

特に糖尿病患者では、足の感覚がにぶくなっている場合は病気の発見が遅れることがあります。

このようなことから、足の傷の早期発見のために定期的にフットチェックを行うことが必要になります。

 

以下のことを改めて確認しましょう

  1. 〈靴の選び方〉

  足の形、大きさに合わない靴は傷をつくりやすいので注意しましょう。

新しい靴は最初から長時間履かず、徐々に履きならしましょう。


②〈低温やけどについて〉

低温やけどは、表面上問題ないように見えても、気づかないうちに重症化してしまうこともあるので注意が必要です。

ストーブやこたつの長時間の使用、カイロや湯たんぽを直接皮膚にあてることはさけましょう。

 

  1. 〈水虫・白癬について〉

    足の清潔に注意し水虫にならないようにしましょう。

    公衆浴場(温泉・サウナ)などでは足ふきマットや共用のスリッパなどから感染することもあるので注意しましょう。

    皮膚の乾燥は傷をつくりやすく、感染にも弱い状態になるので、保湿につとめましょう。
                                              
                       
      

さくだ内科クリニック

院長 佐久田 朝功


 


やっとこぎつけることができました!

色んな出来事から患者さんの足を大事にしたい!・・・と思い一念発起し勉強中であります。

まずはフットチェクから入り、腕を磨きフットケアへと

夢は大きく・・今はこつこつと足フェチ目指して修行の毎日です。

 

ご協力いただいた方々へ感謝しつつ、日々精進したいと思います\(~o~)/

 

皆様よろしくお願いします!          S里より